【小説】『レオナルド・ロレンス』

 

 レオナルド・ロレンスは地元インサイドステップの大学を卒業してから三年ほど働いた仕事を辞め、家に引きこもって半年が過ぎた。
 転職サイトに登録して20社ほど面接や試験を受けてはみたものの、どこにも受からなかった。
 途中から自分が何のために転職活動をしているのかわからなくなり、それから何のために生きているのかさえわからなくなった。
 そしてレオナルドは家から一歩も外に出られなくなった。

 

 家から徒歩5分の地下鉄の駅前にあるグロサリーに食べ物を買いに行くことだけがレオナルドと外の世界との唯一の接点だった。
 グロサリーへ向かう道でいつもすれ違う1匹の猫(その猫をレオナルドはMr.ハートマンとひそかに名付けていた)だけが、自分の気持ちを理解してくれる存在のような気がしていた。
 テレビを見て過ごすことにも飽きたし、本を読んでも文章は何も頭に入ってこなかった。
 レオナルドはほとんど一日中、ぼんやりとゲームをして過ごしていた。

 

 その日もレオナルドはいつものように昼の1時頃に起きて、すぐにゲームのスイッチを入れた。
 アメリカ兵になってベトコンを殺戮していくゲームだ。
 その日の目的は次の敵拠点の制圧と、新しい武器の獲得だった。
 セーブデータをロードして、前回の続きの画面が開いたと思った瞬間、ベトナムの戦地に立っているのは、画面内のアバターではなく、ほかならぬレオナルド自身だった。

 

 それから何ヶ月が過ぎただろうか、今ではレオナルドも他の人たちと同じように毎日普通に働いている。
 毎朝5時に基地で目覚め、軍服に着替えて、ひたすらベトコンを殺し続けるのだ。
 無謀とも言えるほどの勇敢な行動で幾度も仲間の窮地を救った功績が認められ、少佐にまで昇進した。
 そこでは、自分が何のために生きているのかなどと迷っている暇などなかった。
 生きるために、ただ殺し続けるだけだ。
 こうしてレオナルドは、転職に成功したのである。