2018-04-08から1日間の記事一覧

見積り

過去を大きく見積っていると、現在に不足や欠乏を感じる。それよりもむしろ今がスタートだと思えば不足や欠乏のようなマイナス要素が意識を占めることなく、新鮮なプラスの気持ちで毎日に臨める。不足や欠乏を補填するための行為ではなく、新しい何かを追加…

働かずに食うことについて

働かずに食ってる連中は、基本的につまらないことに詳しく、蘊蓄をひけらかすことが趣味だ。言い換えれば、それくらいしかやることがない。よって働かずに食ってる連中は、当然つまらない人間に成り果てる。それが成功者の秘密だ。つまらなさを隠すために飾…

労働と余暇の自動機械

思想が現実を作るということはない。現実は基本的に利害によって作られる。人間は楽をして生きていたいと思う。夕方6時、駅のホームには帰りを急ぐ男女が戦に向かう侍のように群れを成して押し寄せる。目的は名誉ではなく、帰宅してYouTubeを観たり晩…

【小説】『湖』

湖までの距離はあと1kmくらいか。朝5時に山小屋を出てから50分ほど歩いてきた。特に目的もなく湖に行くと決めたのはひどい咳で深夜3時に目が覚めてしまったからだ。とにかく何か新しい静謐な感覚が必要だと感じられた。過去を大きく見積っていたのだと思っ…