思考の落とし穴52

1、生き残りのワナ

失敗→成功の可能性を過大評価してしまう

対策→挫折者が眠る墓場を訪れてみる


2、スイマーズボディ幻想のワナ

失敗→欲しい結果やなりたい状態だけを理由に選択してしまう

対策→等身大の自分を観察する


3、自信過剰のワナ

失敗→自分の予測力を過信してしまう

対策→あらゆる予測に対して、つねに疑いの目を向ける

 

4、社会的証明のワナ

失敗→多くの人が正しいと思っていることを、正しいと思ってしまう

対策→多くの人が正しいと思っているからといって、正しいわけではない


5、サンクコストのワナ

失敗→いままでかけたコストがもったいないと思い、やめられない

対策→失われたものは、そのまま続けても取り戻せない


6、お返しの法則のワナ

失敗→何かしてもらうと、お返ししなければという負い目を感じてしまう

対策→施しを断る

 

7、確証のワナ(その1)

失敗→新しい情報を、自分の考えのフィルターにかけて見てしまう

対策→自分の考えの反証を意識的に探す


8、確証のワナ(その2)


9、権威のワナ

失敗→根拠もなく権威を信用してしまう

対策→権威を持つ人を批判的な目で見る


10、コントラストのワナ

失敗→それより劣った比較対象があると、実際よりよく見えてしまう

対策→それ自体を見るようにする


11、イメージのワナ

失敗→想像しやすいというだけで、実際には起きることの少ないことを信じてしまう

対策→自分とは想像の仕方が違う人と協力する


12、「いったん悪化してからよくなる」のワナ

失敗→当たっても外れても評価される予測の言い方

対策→警戒する


13、ストーリーのワナ

失敗→物語をわかりやすく理解するために事実を単純化し、物語に合致しない事実を除外してしまう

対策→物語をばらばらに解体する


14、回想のワナ

失敗→出来事が起きた後になって、こうなることはわかっていたと思ってしまう

対策→予めいろいろな予想をメモして、未来のことはどれほど予測できないか思い知る


15、お抱え運転手の知識のワナ

失敗→知ったかぶりをする人は魅力的な場合が多い

対策→知らないことを知らないと言える人かどうか見る


16、コントロール幻想のワナ

失敗→実際には自分ではどうにもできないことに対して、自分で制御できて影響を与えられると思ってしまう

対策→本当に自分自身で影響を与えられることの中でも最も重要なことだけに集中する


17、報酬という刺激のワナ

失敗→個人や組織の行動のポジティブな面をそのまま評価してしまう

対策→必ず裏に報酬の動機があると疑う


18、平均への回帰のワナ

失敗→極端に振れたことは平均に戻る傾向が高い

対策→わざわざ平均に戻す努力はほとんど無意味


19、共有地の悲劇のワナ

失敗→

対策→


20、結果による錯覚のワナ
21、選択のパラドックスのワナ
22、「あなたが好き」のワナ
23、所有のワナ
24、共時性の奇跡のワナ
25、集団思考のワナ
26、確率の無視のワナ
27、ゼロリスクのワナ
28、希少性の錯覚のワナ
29、基準比率の無視のワナ
30、ギャンブラーの錯覚のワナ
31、アンカリングのワナ
32、帰納的推理のワナ
33、マイナスの過大評価のワナ
34、社会的手抜きのワナ
35、倍々ゲームのワナ
36、勝者の呪いのワナ
37、人物本位のワナ
38、誤った因果関係のワナ
39、ハロー効果のワナ
40、別の選択肢のワナ
41、予測の幻想のワナ
42、条件結合のワナ
43、フレーミングのワナ
44、過剰行動のワナ
45、不作為のワナ
46、自己奉仕のワナ
47、満足の踏み車のワナ
48、選択のワナ
49、連想のワナ
50、ビギナーズラックのワナ
51、思惑と結果のワナ
52、目先の利益のワナ

 

 

なぜ、間違えたのか?

なぜ、間違えたのか?