働くことと対比されるもの

喫茶店などに座っていると、周りからいろんな声が聞こえてくる。9割ほどがお金の話だ。それに関連して仕事の話、それから健康の話。人の興味関心がお金と健康にあるのはいつの世も同じだろうか。あらためて、理念というようなものの話をする人の少なさ。現代人において行為の動機はあきらかに、楽な暮らしにある。やがて未来、人間は働かなくてすむようになるだろうか?少なくとも負担は大きく減るだろう。そうして人間は働くかわりに何をするだろうか?スマホゲームやネットサーフィン、旅行やショッピング、あるいは芸術かスポーツをするだろう。働くことの対比にあるのは、お金を使うことと、体を動かすこと、情報を得ること、などがある。