Frequently Asked Questions

よくあるご質問

理論と現実について / On theory and reality

 

理論がある。しかし、現実はそういうふうになってはいない。と、批判される。しかし、その理論と現実のずれまで含めて分析できるのがあえて理論を作ることの利点なのである。

 

人間に限っていえば、現実は現実だけで成り立ってはいない。人間の現実は理論によって横槍を入れられているため、もはや現実そのものとしては捉えることが難しくなっている。

 

お腹が空いたからバナナを食べようと思っても、バナナがバナナの木から手元に入手されるまでにいったいどれほど多くの理論が途中にあるだろうか。

 

現実主義者ではいられないし、理想論者でもいられない、私たちはその二つのあいだに挟まれた、中途半端な仲介者でしかないのである。

 

中国やギリシアの叡智に中庸の徳というものがあるが、あえて目指すこともなく、いまや私たちははじめからそのような中間に存在しているのだ。

 

理論と現実、天使と悪魔、フラニーとゾーイー、なんでもいい、私たちはそのどちらでもなく、それら二つのもののあいだを、手探りで生きていくしかない。

 

/

 

There is a theory. But the reality is not that way. It is criticized. However, it is an advantage to dare to analyze including the deviation between that theory and the reality.
 
For human beings, the reality is not made up of reality alone. Human reality has been put in by theory by the theory, it is now difficult to grasp as reality itself.
 
Since I am hungry, I wonder how to eat bananas, but how many theories are on the way before the banana is obtained from the banana tree in hand?
 
We can not be a realist and we can not be an idealist, we are halfway mediators between the two.
 
There is a moderate virtue in wisdom in China and Greece, but there is no dare to aim, now we are in such an intermediate from the beginning.
 
Theory and reality, angels and devils, Flannie and Zoe, anything, we can not live either, we have to fumble through those two things.