Frequently Asked Questions

よくあるご質問

ペンについてその2──ジェットストリーム / About Pen 2 - Jetstream

 

前回、ペンはフリクションボールペンがいいと書いた。しかし、その後ほかのペンも使い比べてみたところ、ジェットストリームもわるくない。というか、ジェットストリームの方がいいかもしれない。

 

まず、フリクションよりもジェットストリームの方がインクが書きやすい。読みやすい文字は線と線のあいだの空間が広くなければならないが、フリクションの線は曖昧でぼんやりと滲んでいて、読みやすい文字に欠かせない線と線のあいだの空間の広さが表現できない。たいして、ジェットストリーム(とくに0.5の太さのもの)は、線と線のあいだの空間が広く表現できるため、非常に読みやすい文字が書ける。それに、ジェットストリームのインクはかっちりした輪郭を描くので、文字の角がシャープに洗練されて見えるのもいい感じだ。

 

また、フリクションのよさである「消せる」という特徴が、逆に欠点に思えてきた。「消せる」ということはつまり「なかったことになる」ということである。せっかくの思考が「なかったことになる」のは、よく考えてみればかなりマイナスなポイントなのではないか。文章、とくにノートは、思考を記録しておくため、また、思考の軌跡をあとからみて推敲するために書かれるのであるから、「なかったことになる」のは、まったくもって本末転倒だ。間違えたら二重線などをひいて傍に書き直せばいいじゃないか。それに、二重線をひいて傍に書き直してある文章には、なんともいえない独特の魅力もあるように思える。

 

/

 

Last time, I wrote that friction ballpoint pen is good. However, when I compare using other pens afterwards, jetstream is not bad as well. Or rather, jetstream may be better.

 

First, ink is easier to write jetstream than friction. Easy-to-read characters must have a wide space between lines and lines, but the lines of friction are vague and blurred and can not express the extent of the space between lines and lines that are indispensable for readable characters . Indeed, jetstream (especially those with a thickness of 0.5) can express a space between lines and lines extensively, so that very easy-to-read letters can be written. Besides, the ink of jetstream draws a perfect outline, so it seems like the characters' corners look sharp and sophisticated.

 

Also, the feature of "elasable" which is goodness of friction, conversely, seemed to be a disadvantage. "elasable" means to "it was not written". "it was not written" is a rather minus point if you think about it carefully. Writing, especially notes, is written to record thoughts and to elaborate from the perspective of thinking afterwards, so "it was not written" is totally overwhelmed. If you make a mistake, you can draw a double line and rewrite it by your side. Besides, it seems that there is also a unique charm in the sentences which are rewritten aside by double lines.