Frequently Asked Questions

よくあるご質問

書くべきことについて / About what to write

 

書くべきことがなくて書けない、と思う時がある。というより、いつもそんな感じがする。白紙を前にぼんやりして時間が過ぎる。そして、結局何も書かないままになる。

 

しかし実際は、書くべきことというのは、何でもいいからとにかく書いている途中でなんとなくわかってくるものだ。

 

だから、書くべきことについてあらかじめ考えてから書く必要はない。朝起きて一日を生き始める前に、何のために生きるかなんてわざわざ考えないのと同じことだ(ひとはとにかく生きるために外に出て活動しなければならない)。

 

何でもいいからとにかく生きているうちに、何のために生きているのかなんとなくわかってくる。何でもいいからとにかく書いているうちに、何を書こうとしているのかなんとなくわかってくる。

 

だいたいの物事はそんなふうにしてわかってくる。しかも、なんとなく。はっきりと、何のために生きるとか、何を書くべきとか、仮に決めてかかっても、結局は色々あって途中でその「何」は最初の原型をとどめてはいられなくなる。

 

書くことについても、生きることについても、あらかじめわかりきってしまうことなんてないし、どこかで完璧にわかったと完成することもない。すべては中途半端に、とにかく進んでいく。完成もないし、終わりもない。

 

/

 

There are times when I think that I can not write it because I have nothing to write. Rather, it always feels like that. Time blanks the blank before the time passes. And eventually I will leave nothing.
 
In fact, however, what I should write is something anything, so it's somewhat understood on my way to writing anyway.
 
So you do not have to write after thinking about what you should write in advance. It is the same as not worrying about what to live for before you start to live a day in the morning (people need to go outside to live anyway).
 
Whatever it is, I will somehow understand what I am living for while living. As I write anything, whatever it is, I understand what I am trying to write.
 
Most of the things come to understand in such a way. And somehow. Even if you definitely decide what to live for, what to write, clearly, there are various in the long run and that "what" can not keep the original prototype on the way.
 
Neither writing nor living can be understood beforehand and it will not be completed if I know it somewhere perfectly. All goes halfway, anyway. There is neither completion nor end.