千葉雅也『勉強の哲学 来るべきバカのために』

 

基本的には直線によって進行しているその直線の進行方向をそらすこと。別の仕方であることに生成変化すること。それは行動を決定する概念のアレンジメントを変えることによって可能となる。いわゆる逃走線だ。戦争機械でもある。逃走線を描く者というのは、芸術家の創造や、インスピレーションといったものではまったくなく、むしろ勉強にハマる少年に似ている。なぜか数学の公式にマニアックになること。日本史の細部まで調べまくること。試験のための必要事項の範疇を逸脱し、表象-再現前化の領域を離れ、いわゆる知覚不可能な領域というものに至るまでマニアックになること。

 

/

 

Basically, it progresses with a straight line.
Diverting the traveling direction of the straight line.
To change and change to another way.
It is an arrangement of concepts to decide behavior
It becomes possible by changing it.
It is a so-called escape line. It is also a war machine.
Those who draw escape lines,
Artistic creation and inspiration
There is no such thing at all,
Rather, it resembles a boy who is addicted to studying.
To somehow become a maniac to mathematical formula.
To investigate details of Japanese history.
Deviating from the category of necessary items for the examination,
Representation - leaving the area of ​​pre-reproduction,
To so-called imperceptible areas
To become maniacs everywhere.
"What on earth are he doing?",
To go to where you are being stupid from others.
 

 

勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために