Frequently Asked Questions

よくあるご質問

企業のコナトゥス

とにかくオリジナリティ(=他にはないこと)が重要だ。アーティストならともかく、企業ならなおさらそうだ。そして、信頼を地道に積み重ねる努力が必要だ。アーティストならともかく、企業ならなおさらそうだ。アーティストはよくもわるくも自分の好きなように表現していればいいだけだが、企業はつねに顧客のニーズに対してそれを満たすように表現しなければやっていけない。オリジナリティとニーズを一致させていく堅実な積み重ねが、企業の存続・繁栄(=コナトゥス)の唯一の方法、アルファにしてオメガだ。しかし、これだけ似たようなモノで溢れかえっている市場において、オリジナリティなど望めるのだろうか? ましてや、ニーズに合致したオリジナリティなど、運に恵まれた限られた者の特権でしかありえない。だから、ふつうはそれなりにオリジナリティのあるものをそれなりに絞られたニーズにフォーカスするのが精一杯だし、それでもちゃんとできれば十分シェアを獲得できる。せめてそれくらいはできるように努力すること。なにも特別なことはない。堅実なトライアンドエラーの積み重ねだ。毎日の、毎時間の、毎分の、毎秒の、「顧客とのやりとり」のひとつひとつが、生命線だということ。そうした、目の前の一歩を度外視して、ひとつかみに成功するような奇策など、天啓のひらめきだけがなせる業だ。ミュージシャンなら、まず目の前の一曲を作ること。作家なら、まず目の前の一文を書くこと。ひらめきはそんな過程の中で偶然訪れるかもしれないし訪れないかもしれない。まず、やることだ。