読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fleur Aux Questions

よくあるご質問

「私にとって」文章の楽しさとは何か?ーー冒険小説と詩的な観想文

f:id:rose_ex:20170220205445j:image

 

 

文章を読む楽しみは、考えれば

考えるほど遠ざかるのかもしれ

ない。楽しいとは何か考えだす                *楽しさは

と、楽しいという気分のモード                思考のなさ

ではなくなる。楽しいとは何か                にあると言

考えることじたいが楽しければ                えるだろう

いいが、そういうわけでもない                か?

ロラン・バルトにしても楽し

みを思索する『テクストの楽し

み』よりも、むしろ日記として

つづられた『喪の日記』のほう                *「私は悲

が(不謹慎ではあるが)、読ん                しみの中に

でいて楽しさを感じる。ここ数                しか生きた

年間、読んでいて単純に楽しく                くない」と

てスムーズに読み進めてしまっ                バルトは言

た本はデュマの『モンテ・クリ                った。

スト伯』が最後だったかと思う

が、やはり物語のほうが文章の

楽しさを感じさせるのだろうか

。とはいえ、フローベールの『

ボヴァリー夫人』とか、タブッ

キの『インド夜想曲』を読んだ

りしても、文章の楽しさはいま

ひとつ感じられなかった。これ

は一般論ではなく、「私にとっ

て」文章の楽しさは何かという

多分にバルト的な問題なのだろ

うか。それでは、「私にとって                *問題はい

」どんな文章が楽しさを感じさ                つも「私に

せるのだろう。私が文章に楽し                とって」そ

みを感じて読んだのは、前述の                れがどうで

モンテ・クリスト伯』や、中                あるかとい

学生の頃に読んだヘミングウェ                うことだ。

イの『老人と海』、浪人生の頃

に読んだトゥルニエの『フライ

デーあるいは太平洋の冥界』、

大学生の頃に読んだポーの『ア

ッシャー家の崩壊』などがまず

想起されるが、これらの物語に

どういう共通点があるか考えれ

ば、「私にとって」文章の楽し

さは何かがわかるだろうか。ま

ずいずれも、冒険小説と呼べる

と思う。海から牢獄へ、牢獄か

ら社交界へ。小屋から海へ、海                *トゥルニ

から小屋へ。海から無人島へ、                エにとって

無人島から大陸へ。街から辺鄙                、他者=他

な屋敷へ、屋敷から崩壊へ。移                人の目こそ

動する空間の変化をみれば、い                が混乱の原

ずれも日常の空間から非日常の                因だった。

空間へと移動している。そして

、非日常の空間で非日常な人物

や事物たちと出会う。あと、海

や山奥とかが多い。そういえば

ル・クレジオの『地上の見知ら                * 『物質的

ぬ少年』を忘れていた。これこ                恍惚』『悪

そ最高だ。冒険+詩的な観想。                魔祓い』『

わかった。私は、「冒険+詩的                調書』など

な観想」の文章に楽しさを感じ                もすぐれて

るのか。「冒険+詩的な観想」                詩的な観想

。冒険の舞台はもしかしたら、                文である。

どこでもいいのかもしれない。

海や山奥などの非日常性の高い

空間のほうが、人はより詩的に

なりうるという点で海や山奥が

多いのかもしれないが。冒険は

空間の移動より、未知の事物や

人物との出会いが冒険を冒険た

らしめるのだろう。

 

/

 

「詩的な観想」のほうは、定義

づけが難しい。それについて考

えることにしよう。詩的とはつ

まり、詩である。とはかぎらな

い。詩そのものは詩的ではない                *詩には決

。そして詩そのもは別に文章の                まりごとが

楽しさを感じさせない。詩はい                多すぎて、

つも小難しくて、なんかむかつ                あらゆるう

くのである。詩はお高くとまっ                るさ型の巣

ている。穂村弘が自由な短歌を                窟となって

お勧めするときでも、なんだか                しまってい

えらそうである。いらっとする                る。

。つまり楽しくはない。詩その

ものは楽しくない。詩的な文章

は、詩そのものになりきれなか

ったいわば出来損ないの文章で

ある。それがいい。村上春樹

んかは詩的な文章を書くと言え

るだろうか。詩っぽさはどこか

らくるのだろう?おそらく「…                *パスタを

?」という疑問の姿勢。未知を                茹でながら

定義づけることも詩でありうる                ロッシーニ

が、未知をそのまま言葉にする                を聴くこと

とき文章はいかにも詩っぽくな                だけで文章

る。そう考えると冒険はいちい                を書くとは

ち詩的でありうる。須賀敦子の                なんて不敵

紀行文はとても詩的である。檀                だろうか。

一雄の料理紀行文もまたとても

詩的である。もちろん須賀敦子

檀一雄も詩そのものではない

。散文である。散文と呼ぶほど

のこともないエッセイである。

ランボーはどうだろう。詩その

ものとは思えない。ランボーも                *『書簡で

また詩的な観想文を書いたと私                読むアフリ

は言いたい。街々との出会い、                カのランボ

ヴェルレーヌとの出会い。それ                ー』は、詩

らを詩っぽい気分で文章にした                を放棄した

というわけだろう。ロートレア                後のランボ

モンも同様だ。内面の冒険。詩                ーの文章や

っぽい気分でつれづれなるまま                足跡が読め

の。ドゥルーズが言いたかった                てとても面

のも同じだと思う。「自分の知                白い。

の先端で書くこと」。知らない

ものについて書くのでなければ

詩っぽくはなりにくい。

 

 

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)

 

 

 

老人と海 (新潮文庫)

老人と海 (新潮文庫)

 

 

 

ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)

ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)

 

 

 

 

 

地上の見知らぬ少年

地上の見知らぬ少年

 

 

 

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

 

 

 

須賀敦子全集 第1巻 (河出文庫)

須賀敦子全集 第1巻 (河出文庫)

 

 

 

檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)

檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)

 

 

 

記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)

記号と事件―1972‐1990年の対話 (河出文庫)

 

 

 

マルドロールの歌 (集英社文庫)

マルドロールの歌 (集英社文庫)

 

 

 

書簡で読むアフリカのランボー

書簡で読むアフリカのランボー