Frequently Asked Questions

よくあるご質問

ライアン・ホリデイ『苦境を好機にかえる法則』──読者の行動を変える効力から見た「自己啓発書」と「学術書」また「非専門家」と「専門家」の差異について

 

自己啓発書は数限りなく存在する。とはいえそれは学術書も同様だ。プロとアマチュア、専門家と非専門家の違いは、はたして過去の文献を正確に参照することだろうか。おもうにそうではない。引用がたとえ正確でなくても、読者の行動を変える効果を持った本を書ける著者は存在する。そして本において本質的なのは知識が正しいか間違っているかではなく、読者の行動を変えるか変えないかということではないか。ひとは正しいだけでは行動にいたらない。ひとは正しさを知りながら間違った行動をしさえする。プロや専門家がどれだけ大きな顔で正しさを主張しても、その本が読者を行動にうながす効力を持っていなければ何の価値もない。というか読者はそれを読んでも意味がない。というか時間の無駄でしかない。たいしてどんなに小さな顔をしたアマチュアや非専門家であっても、読者を行動にうながす効力を持った本を書く著者はいる。ライアン・ホリデイが本の元ネタにしているのはストア哲学、とりわけマルクス・アウレリウスだ。マルクス・アウレリウスは哲人皇帝として有名だが、彼もまた読者を行動にうながす効力を持った本を書いた(『自省録』)。過去の文献を不正確に扱う批評に価値はないという主張は、専門家としての批評家が自らの時間を費やして積み重ねた努力を誇示したいという主張でしかない。もちろん過去の文献の正確な引用と読者の行動を変える効力とを兼ね備えた批評が理想的ではある。しかしそういうことは稀で、どちらかに偏りやすい。批評界隈の過去の文献の正確な引用なんて誰が読めるのか読みたいと思うのか。考えてみれば狭いサークル内での内輪ネタのようなものだ。だから読者は学術書ではなく自己啓発書を読む。自己啓発書は寄り添ってくれるからだ。自己啓発書は読者を突き放さないし上からものを言ったりしない。ホリエモンだって偉そうに喋ったりしない。自己啓発書はつねに(売れるためにというのもあるが)読者に寄り添って書かれる。ひとは上から押し付けられるより、寄り添われたほうが行動の変化にうながされやすい。小難しい、そして一見誰が得するのかわからない専門用語をこねくりまわす学術書は、わかりにくいというだけですでに上から目線の押し付け的言説になりやすい。平易な、そしてどう役に立つのかわかりやすい日常用語を援用する自己啓発書は、読者にとって親しみやすく、共感から行動に移りやすい。これは、学術書は難しいからだめ自己啓発書は簡単だからよいという単純な好みの問題ではなくあらゆる著者にとってなぜ本を書くのかそしてどういう本を書くのかという本質に迫った問いだ。その批評は誰に向けて伝えようとする批評なのか。その物語は誰に向けて伝えようとする物語なのか。苦境においてひとは思考を強制される。苦境においてひとは普段は思考する必要のなかったことを思考しなければならなくなる。その点においてまさしく苦境は新たな思考や存在様態へと行動を変化させる好機となる。

 

info

◼︎『苦境を好機にかえる法則』

著者:ライアン・ホリデイ

訳者:金井啓太

発行者:後藤康徳

発行所:パンローリング

装丁:パンローリング装丁室

組版:パンローリング制作室

印刷・製本:シナノ

2016年10月3日発行

 

◼︎目次

序文

はじめに

⚫︎Part1 ものの見方 Perception

第一の鍛錬ーーものの見方

自分の力を認識する

腹を据える

感情を抑える

客観的な目を鍛える

ものの見方を変える

自分の力で考えられるか

今この瞬間を生きる

人と違う考え方をする

チャンスを見つける

行動の準備をする

⚫︎Part2 行動 Acion

第二の鍛錬ーー行動

動き続ける

粘り強く取り組む

反復する

プロセスに従う

今すぐ自分の仕事をする

正しいことはうまくいく

側面から攻める

障害を逆手にとる

エネルギーを向ける先を変える

攻撃のチャンスをつかむ

何もかもうまくいかない場合に備える

⚫︎Part3 意志 Will

第三の鍛錬ーー意志

心の中に砦を築く

前もって考えておく(最悪の事態に備える)

ハンディを受け入れるーー「黙従の技」

自分の身に起きたことのすべてを愛する:運命愛

堅忍不抜の精神を発揮する

自分より大きな存在を受け入れる

いつか死ぬことを考える

再び始める準備をする

終わりに 障害は道となる

あとがき 君はもう哲学者だ。おめでとう!

謝辞

参考文献一覧

ストア哲学の読書リスト

お勧め書籍

 

苦境(ピンチ)を好機(チャンス)にかえる法則

苦境(ピンチ)を好機(チャンス)にかえる法則

 

  

自省録 (岩波文庫)

自省録 (岩波文庫)

 

 

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

 

 

www.lifehacker.jp