Frequently Asked Questions

よくあるご質問

ロラン・バルト『明るい部屋 写真についての覚書』「それはかつてあった」ということ

 

写真には、対象がかつてそこにあったという確実性がある。

 

写真には、見るものによって、社会的教養としての見かたと、心の傷をつき刺すものとしての見かたとがある。

 

そういうふうに分類してはみたものの、バルトは本の半分くらいのところで分析をやめてしまう。

 

バルトがひきつけられる写真は、死別した母の若い頃の写真だった。

 

バルトは、とにかくその写真の特別さについて、なにごとかを言いたかった。

 

バルトは、芸術的な写真を評価しない。それは、社会的教養としての反応を喚起するにすぎないと言う。

 

撃たれる子供の写真、窓から飛び降りる男の写真、自らに火をつける僧侶の写真…。それらを見たときにする反応は、憐れみや同情などの社会性を確認する作業でしかない。

 

そうではなく、バルトは、私的な、なんでもない写真のほうにこそ価値があると言う。

 

ただこの私だけが、それを見て感動する写真。死別した愛する者の、何気ない日常の風景を切り取った写真。

 

/

 

In the photograph there is certainty that the object was once there.
 
In the photograph, depending on what you see, there are a way of seeing as a social culture and a way of stabbing a bruise in your heart.
 
Barthes classified it in such a way, but he stopped analyzing about half of the book.
 
The picture that attracts Barthes was a picture of the young mother who died.
 
Barthes wanted to say something about the specialness of the picture anyway.
 
Barthes does not evaluate artistic pictures. It says that it only arouses the reaction as a social education.
 
A photograph of a child being shot, a picture of a man jumping off the window, a picture of a priest who puts a fire on herself .... The reaction that you do when you see them is only a task of confirming social nature such as compassion and sympathy.
 
Instead, Barthes says that it is worthwhile for private, nothing pictures.
 
Just this is a picture that I am impressed by seeing it. A picture of a casual everyday scenery of a deceased loved one.
 

 

 

明るい部屋―写真についての覚書

明るい部屋―写真についての覚書