『文章作法』桑原武夫

要点まとめ 

 

意識的にまねせずとも、読んだ文章の影響は必ず出てくる

 

文章には、伝えるべき対象がいる

 

できるだけ素直に短く伝える

 

平明に書いて、ポイントだけ際立たせる

 

「、」「。」は文章の呼吸

 

漢字は強調する語に使い、その周囲はひらがなにする

 

問題は限定する

 

面白いものを書こうと意識的になるより、いつも考えていたことや興味関心のあることを自然に書く

 

漢字は目立つので、使いどころを限定する

 

肯定してから否定する、否定してから肯定する

 

きまり文句は避け、どうしても使いたい場合はひねりをいれる

 

 

文章作法 (潮ライブラリー)

文章作法 (潮ライブラリー)