Frequently Asked Questions

よくあるご質問

國分功一郎『暇と退屈の倫理学』①退屈の解決策について

 
國分功一郎の本(『暇と退屈の倫理学』)を読んだら、ハイデガーは退屈を三つに分けて考えたということが書いてあった。
 
その中でもっとも根源的な退屈である退屈の第三形式をあらわす言葉が、
 
「なんとなく退屈だ」
 
だという。どこで何をしているかに関わらず突然発生する声、
 
「なんとなく退屈だ」
 
この形式の退屈にうまく対処できる気晴らしは存在しない、とハイデガーは言う。
 
そこでどうするかといえば、ハイデガーは、なんとなく退屈ですべてがどうでもいいかのようなところまで行ったら、それはむしろ現存在の可能性を実現する決断に向かうチャンスだ、と言う。
 
國分は、そうやって決断することは決断の奴隷になる危険があるということで、他の解決策を二つ提示する。
 
その一つは、人間の持つ高い環世界間移動能力を活用して〈動物になること〉で、
 
もう一つは、ていうかもう普通に退屈と気晴らしを行ったり来たりするしかないし、その時の気晴らし(この気晴らしには仕事も含まれる)を十分楽しめるように訓練することが大切だ、と言う。
 
思うに、一つめの〈動物になること〉は、「不法侵入」してくる考えさせるものに「とりさらわれ」ることだから、それが重要な問題であっても、根本的には気晴らしの一種なので、二つめの解決策に含まれると言えると思う。
 
なので、國分の言う退屈の解決策は一つ。
 
それは、「人間は退屈と気晴らしを行ったり来たりするしかないので、気晴らしを十分に楽しめるようにする」ということだ。
 
この解決策には、「気晴らしを楽しむためには訓練が必要」という実践的な指針が含まれている。
 
ハイデガーがパーティーの時に、その場に流れている音楽にも、その場にいる人々にも、その場で提供された飲食物にも、楽しみを感じることができなかったのは、それらの気晴らしを十分楽しめるだけの訓練をしていなかったからだ、と言う。
 
これはよくわかる。音楽も、他人も、料理も、仕事も、すべて、退屈せず十分に楽しめるようになるためには、訓練する必要がある。
 
ただ私がひっかかるのは、
 
「気晴らしを楽しむために訓練する」ためには、まずそれらの気晴らしに対して心を開き、自分から積極的に関わって行く必要があるだろう、ということで、
 
すべてがどうでもいいかのように感じて「なんとなく退屈だ」と言っている人は、そもそもそういう気晴らしに対してなぜか積極的に関わって行くことができないから退屈しているのであって、「気晴らしを十分に楽しむために訓練すること」は、そういう退屈に対しては有効な解決策にならないんじゃないかな、と思うのである。
 
ハイデガーだって、パーティー会場に流れている音楽についてその作曲者や曲や演奏者がどういうものか隅々に至るまで詳しかったかもしれないし、その場にいる人々がそれぞれどのような人たちでどういうところが面白い人かとかもよく知っていたかもしれないし、提供された料理がどういう料理でどういうところが美味しいのかとかも熟知していたかもしれない。
 
(私は、パーティーの例における退屈の第二形式は、「なんとなく退屈だ」の第三形式の退屈から発生するものだと思う。)
 
だから、
 
「気晴らしを楽しむために十分な訓練はしたが、それらの気晴らしに対して心を開けない」「気晴らしがもはや許されないとわかっている」人の退屈に対しては、それこそハイデガーが言うような、「現存在の可能性を実現する決断に向かう」という解決策しかもはや有効ではない、のではないだろうか。
 
ていうか、退屈と気晴らしを行ったり来たりできて、さまざまな気晴らしを楽しめるほど心が開かれていていたり、何か考えさせるものに出会い〈動物に〉なって熱中できるような人って、そもそもはじめからそんなに退屈してないじゃん。
 
國分は、「スピノザの哲学は、わかる人にはわかるけどわからない人にはわからない」と言っているが、それと同じで、
 
そもそもそんなに退屈していない人は退屈をうまく解決できるので「退屈と気晴らしを行ったり来たり」したり「気晴らしを十分楽しむために訓練することができる」が、ハイデガーなみに退屈している人には退屈をうまく解決することができず、決断の奴隷になる危険を犯してでも「現存在の可能性を実現する決断に向かう」くらいしかない、っていう感じかな、と思うのです。
 
あちなみに「気晴らしを楽しむこと」には、消費社会の奴隷になるという危険性がある、と書いてありますね。
 
…ということは、退屈を解決する時には避けるべき危険性が二つあって、それは、
 
・現存在の可能性の実現に向かうという自分の下した決断の奴隷になること
 
と、
 
・消費社会の提供する過剰なレジャーのサイクル(「労働─余暇」のサイクル)の奴隷になること
 
の二つだと言える。
 
この二つの危険性を回避しながらであれば、退屈に対するハイデガーの解決策も、國分功一郎の解決策も、どちらも有効な解決策となりうると言えそうだ。
 
ようするに危険性を回避するバランス感覚をもって退屈に対処することが重要だ、ということですね。
 
 
 
……あれ?
 
そもそも、「なんとなく退屈だ」「すべてがどうでもいいように感じる」ような深い退屈に悩まされている人は、そんなバランス感覚を持つことなんてできるだろうか?
 
……??
 
 
──とりあえずの結論──
 
軽度の退屈の解決策は、「退屈と気晴らしを行ったり来たり」し、「気晴らしを十分楽しむために訓練する」ことである。
(注意点:消費社会の奴隷にならないこと)
(前提条件:深刻な退屈に陥ってはいないこと)
 
重度の退屈の解決策は、「現存在の可能性を実現する決断に向かう」ことである。
(注意点:自分の決断の奴隷にならないこと)
(前提条件:決断に向かえないほどの超深刻な退屈に陥っていないこと)
 
 
──より簡単な結論──
 
物事に対して心を開くこと。
(注意点:物事に対して心を閉ざさないこと)
(前提条件:すべての物事に対してまったく心を開けないほどの退屈に陥っていないこと)
 
 
──残された問題点──
 
現存在の可能性を実現する決断に向かうこともできず、すべての物事に対してまったく心を開くこともできないほどの退屈には有効な解決策はないのか?
 
 
──残された問題点を解決する糸口──
 
「良き意志[やる気]と自然的な思考をそなえたひとりの個別的な者ではなく、自然においても概念においてもうまく思考することができない、悪しき意志[やる気のなさ]に満ちた、ひとりの特異な者が存在している。ひとり彼のみが、前提なき者である。彼のみが、現実的に開始するのであり、現実的に反復するのである。(……)地下室の人間は、時代の教養の客観的前提のなかでも、自然的な思考の主観的前提のなかでも途方に暮れており、或るひとつの円環をつくるためのコンパスなどもちあわせていない者である。彼こそ、一時的でも永遠でもない《反時代的な》[時代に合わない]者である。ああ、シェストフ。彼が立てるすべを知っているもろもろの問い。彼が示しうる悪しき意志。彼が思考のなかに置くすべを知っている思考できないという無力。もっともラディカルな開始ともっとも頑固な反復とに同時に関わる、それら世話のやける問いのなかで彼が展開している、二重の次元。(ジル・ドゥルーズ『差異と反復』第三章 思考のイマージュより)
 
/
 
When reading the book Koichiro Kunisaru ("Ethics of leisure and boredom"), it was written that Heidegar considered boredom in three parts.
 
The most representative of those boring words that represent the third form of boredom,
 
"Somehow it is boring"
 
It is said. Voice that occurs suddenly regardless of where and what you are doing,
 
"Somehow it is boring"
 
Heidegger says that there is no distraction that can handle this form of boredom well.
 
Speaking of what to do, Heidegger says it's a chance to make a decision to realize the possibilities of existing existence, if he goes up to somewhat boring and like everything is fine.
 
Kokubun suggests that there is a danger of becoming a slave to decisions to do so, and presents two other solutions.
 
One of them is to become an animal by utilizing human's ability to move between high altitudes,
 
Another thing is that it is only normal to go back and forth with boredom and distraction normally, and it is important to train to be able to fully enjoy the distraction at that time (including this work in this distraction).
 
I think that the first thing to become an animal is to be "trapped" by the things that make us think of "illegal invasion", so even if it is an important matter, it is fundamentally a distraction Since it is a kind, I think that it can be said that it is included in the second solution.
 
So, Kokubun is one of the boredom's solutions.
 
That means "Because humans can only come and go back and forth in boredom and distraction, so that they can enjoy distraction well enough."
 
This solution includes practical guidelines that "training is necessary to enjoy distraction".
 
When Heidegger was at the party, the reason why I could not feel pleasant to the music that is flowing on the spot, the people who are there, foods provided on the spot, and their distractions He said he did not train enough to enjoy it.
 
I understand this well. It is necessary to train music, others, cuisine, work, all, to become fully enjoyable without getting bored.
 
Just what I get caught is,
 
In order to "train for enjoying distraction", it is necessary to first open my heart to those distractions and to actively participate from myself,
 
A person who says "everything is bored" and says "It's kind of boring" is boring because I can not actively engage in such a distraction in the first place, " Training to enjoy distraction well enough "is not an effective solution against such boredom.
 
Heidega may have been detailed about the music that is flowing to the party venue, such as what composers, songs and performers are all about, and what kind of people are on the fly and what is interesting in what place You might have known people well, and you might be familiar with what kind of dish you served and what it is delicious.
 
(I think that the second form of boring in the example of a party arises from the boring of the third form of "somehow being boring.")
 
Therefore,
 
"I trained enough to enjoy distraction, but I can not open my mind against those distractions" "To the boredom of people who know that distraction is no longer allowed", that is what Heidegger says , It seems that the solution of "going to a decision to realize the possibility of existing existence" is no longer valid anymore.
 
I mean, people who can come and go back and forth in boredom and distraction, have heart open enough to enjoy various distractions, meet people who think something <animal> become an enthusiastic people in the first place You are not so bored from the beginning.
 
Kokubun said, "Spinoza's philosophy is understood by those who understand but not understood by those who do not understand", but the same as that,
 
People who are not so bored in the first place can solve boredom well, so they can "train in order to enjoy distraction well", "going back and forth with boredom and distractions", but for those who are bored with Heidegger I can not solve boredom well and I think that even though it makes a danger of becoming a slave to the decision, it seems that there is only about "heading to a decision to realize the possibility of existing existence".
 
By the way, to enjoy "distraction" is written that there is a danger of becoming a slave to the consuming society.
 
... that there are two dangers to avoid when solving boredom,
 
· Becoming a slave of one's own decision to head toward realization of the possibility of present existence
 
When,
 
· To become slaves of excessive leisure cycles ("labor-leisure" cycle) provided by consuming society
 
It is said that it is two of.
 
While avoiding these two dangers, it can be said that both Heidegger 's solution to boredom and Koichiro Kunishigi' s solution can be effective solutions.
 
In other words, it is important to deal with dullness with a sense of balance that avoids danger.
 
 
 
……that?
 
In the first place, can anyone who suffers from such a deep boredom as "being boring somewhat" or "feeling as if everything is OK" can have such a sense of balance?
 
......? What?
 
 
─ ─ Tentatively Conclusion ─
 
· The solution of mild boredom is "to go back and forth with boredom and distraction" and "train to enjoy distraction well".
(Caution: Do not become slaves of consuming society)
(Prerequisite: things not getting into serious boredom)
 
· The solution of severe boredom is "heading to a decision to realize the possibility of existing existence".
(Caution: Do not become a slave of your decision)
(Prerequisite: Do not fall into extremely serious boredom that can not be decided)
 
 
─ ─ Better conclusion ─
 
· To open your mind to things.
(Caution: Do not block your mind against things)
(Prerequisite: do not get bored so that you can not open your mind at all to all things)
 
 
── Remaining problems ──
 
Is there no effective solution to such a boring thing that it is impossible for me to make a decision to realize the possibility of existing existence and to open up my mind at all to all things?
 
 
── Clues to solve the remaining problems ─
 
It is not an individual individual who has a good will and a natural thinking but a single singular, filled with a bad will which can not be thought well in nature and concept There is a person, only one person is a premise, only he actually starts and repeats in reality ... (......) The person in the cellar is in the era Among the objective premises of culture, he is at a loss in the subjective premise of natural thought, and he is not tied up with compasses and the like to create a circle of one. He is the one time It is a person who is neither "nor eternal" "antagonistic" [does not fit the times] Oh, Shelf, all the questions that he knows, the bad will that he can show, in his thought I can not think that I know what to put The helplessness of helplessness.The double dimension that he develops in the question which these cares are concerned at the same time which is simultaneously involved in the most radical start and the most obstinate iteration Third thought of Jill Deleuze "Difference and iteration" From the image of)

 

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)
 

New edition (homo Viator) awareness of leisure and boredom
New edition (homo Viator) awareness of leisure and boredom
Author: Koichiro Kokubu
Publisher / Manufacturer: Ota Publishing
Release date: 2015/03/07
Media: Paperback
View 30 blogs containing this product