読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fleur Aux Questions

よくあるご質問

ティム・バートン『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ーー作り込まれた個性について思うこと「ティム・バートン」と「ハンバーグ師匠」

f:id:rose_ex:20170220222039j:image

 

 

ティム・バートンは、よく

作り込む。『ミス・ペレグ                *職人芸とい

リンと奇妙なこどもたち』                えばいいのだ

も細部までよく作り込まれ                ろうが、つま

ている。作家の個性を持っ                りはルーティ

た手作りの作品という言葉                ンワーク=流

がしっくりくる。                               れ作業だ。

 

井戸田潤はハンバーグ師匠

というキャラクターを作り

込んだが、ティム・バート

ンもなかなか負けてはいな

い。ハンバーグ師匠ほどの

個性はないが、ティム・バ

ートンもわるくない。よく

作り込まれているほうだ。

 

ティム・バートンは個性そ

のものをテーマにする。言

い換えれば、人と違うこと

をテーマにする。他人を傷                *シザーハン

付ける危うさを持った個性                ズでは手が鋏

を優しく受け入れようとす                なのでいかに

る。そしてそれがファンに                もだしジョニ

人気のポイントである。                   ー・デップを

                                                           起用するあた

ハンバーグ師匠もまた人と                りに単調なセ

違っているが、ハンバーグ                ンスを感じる

師匠がティム・バートンよ                。

り優れているのは、個性を

メタ的な視点からユーモア

として批判的にみる視点を

持つところである。

 

ティム・バートンの、人と

違うことを表現しようとす

る執念深さは、ほとんど病

的である。映画も長いし、

ひたすらおなじことのヴァ

リエーション違いの繰り返

しである。

 

観客に感動をもたらすまで

には至らない微妙なバラン                *熟練の職人

ス感覚は、作品にたいする                の技術は、騙

職人的気質のたまものでは                されやすい純

あるが、作品の見方に関す                朴な心の持ち

る注意書きに不足している                主にはつねに

ため、「個性的」な人たち                讃嘆の目をも

が陥りがちな批判的視点の                って迎えられ

欠如に気づかない。                           る。

 

人と違うことや個性につい

て、いったん深く考え直さ

ないかぎり、ティム・バー

トンという作家は、たんに

幻想的なファンタジー作家

というありきたりな没個性

の作家で終わってしまうだ

ろう。

 

ハンバーグ師匠は、ハンバ

ーグに関する微妙なギャグ

を言った後に、いったん間

をおいて「ハンバーグ!」

と言う。周知の通り、それ

こそが重要なのだ。ティム                *ティム・バ

・バートンには、いったん                ートンは自身

間をおくことも、「ハンバ                の芸をすべり

ーグ!」と言うことも欠け                芸と認識でき

ている。                                            ていない。

 

f:id:rose_ex:20170211134249j:plain

 

 

 

ティム・バートン[映画作家が自身を語る]

ティム・バートン[映画作家が自身を語る]

 

 

 

スピードワゴン DVD-BOX

スピードワゴン DVD-BOX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川美子『ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家』

f:id:rose_ex:20170205232710j:image

 

 

ロラン・バルトはなにがしたかった

のか?権威主義的なもの、多数派、

単一性、そういうものが嫌いだった

だろう。たいして繊細なもの、少数

派、複数性、そういうものが好きだ

っただろう。

 

作者の死を持ち出すまでもなく、解

釈の多様性の側に立つこと。言葉を

権威から解放すること。柔軟で繊細

で優美なものにすること。

 

ミシュレプルーストへの愛好がバ

ルトの文章への傾向を物語っている

 

シーニュというものがあり、それは

解釈に開かれている。社交界のシー

ニュ、歴史的出来事のシーニュ

 

シーニュとはつまり解釈のこと。つ

ねに少数派で、複数であるもの。相

撲や俳句や皇居もすべて解釈に開か

れたシーニュであること。

 

サナトリウムでは1日のうち18時間

もベットに横たわっていることさえ

あった。ミシュレの文章などの気に

入った箇所をカードに書き写したり

していた。

 

母を中心とした優しい世界に暮らし

てきた。母を失ってからは悲しい喪

に服しつづけた。

 

権威の側に立っていたら、繊細で優

美なものは見えないし書けない。言

葉の単一性にとらわれていたら、魅

力的な多様性のあるシーニュの解読

はできない。

 

言葉にたいする恐怖と愛。それはそ

のまま世界にたいする恐怖と愛だ。

世界というシーニュを、とらわれる

ことなく多様な解釈に開いていくこ

と。

 

それは断片的なものや小さなものへ

のまなざしによっておこなわれる。

ひとつのシーニュ、その解釈。気の

おもむくままに、とらわれなく。概

念の輪郭をぼやけさせること。閉じ

込められた概念の檻の鍵を開けてや

ること。

 

 

 

 

 

 

 

マーティン・スコセッシ『沈黙』──弱い者にとっての「信仰」とはいったい何か?

f:id:rose_ex:20170220222855j:plain

 

 

マーティン・スコセッシ監督の

『沈黙』を観てきました。窪塚        *窪塚洋介

洋介が好きなのでミーハー気分        は『ジ・エ

にまかせて観たものの、予想以        クストリー

上に重い感じで観終わった後の        ム・スキヤ

余韻がすごい。                                 キ』がよい

日本に布教に行ったフェレイラ        。

神父という偉い神父が消息を絶

ったことから、その弟子の二人

が彼を探しに日本に行くお話。

いざ日本に着いてみると、日本        *宗教の統

の片田舎ではキリスト教が変な        一性は、ど

感じの土着の新興宗教みたいに        うやって成

なってたりして戸惑いつつも宣        立するのだ

教師二人は対応していく。               ろうか?

そうしていくうちに片田舎の信

仰リーダーみたいなおじいちゃ

んとかが大名にばれて信仰をや        *殉教は芸

めずに殺されたりして、結局宣        術の題材と

教師も捕まってしまう。                  して非常に

消息を絶っていたフェレイラが        汎用性が高

寺で修行してて宣教師はがっか        い。

りするけど、目の前の信徒を苦

痛から解放するために宣教師も

キリスト教を背教することにす

る。

背教は踏み絵をするだけで形式

的に認められるというイージー

な感じ。だけどそれができずに

処刑されていく信徒たち。宣教

師たち。

 

いまの普通の日本人にはよくわ        *もちろん

からない感覚。信仰のために死        普通という

ぬということ。                                 ものは、適

信仰って、苦しいことがいっぱ        当な想定で

いある人生を生き抜くためにす        ある。

るものなんじゃないのか?って

いう単純な疑問を抱く。

 

真理は、生きたいということで

あって、特定の信仰形式を遵守

することじゃない。生き方の形

式は国ごと集団ごとに違う。西        *社会の規

欧のカトリック的信仰形式をそ        範がどの国

のまま日本に適応することはで        も同じなわ

きない。                                            けがない。

大名はキリスト教を悪だと決め        それは、結

てかかってたけど、それは政治        局、権力の

的な熟議の上でのことで、信仰        違いそのも

云々によってではなかった。           のだ。

当時の宣教師たちはたんに布教

のやりかたをよく考えられてい

なかったとみることもできるか

もと思った。異教というのは主

観的な判断にすぎず、民族や国

家ごとにそれぞれの正教があっ

て当然で、生きるために普遍的

なところを共有し改善していく

ことができればいいだけなのに

それができない。

考えてみれば、不思議なことだ        *それぞれ

。なぜ、信仰は対立し合うのか        事情が違う

?生きるためにがんばることで        ので共存は

なぜ力を合わせることができな        難しい。

いのか?

みんな仲良くするべきだという

幼稚園でも教わるようなシンプ

ルな倫理さえ人間は実現するこ

とができない。

 

まあそれはいいとして、イッセ

ー尾形や窪塚洋介浅野忠信ら        *イッセー

の演技はとてもよかった。キャ        尾形はそれ

ラクターに個性をもたらしてい        ほどよくは

る。それにくらべるとアンドリ        ない。

ュー・ガーフィールドやリーア

ム・ニーソン、アダム・ドライ

バーらの演技は少し弱い。ほか

のだれかでも代用が効く程度の

演技だと思った。

 

全編を通してキリスト教宣教師

たちはとても弱く描かれている

。思想の基盤すら脆くみえる。

しかし、その弱さこそが、信仰

の強さや普遍性を表していると

も思える。

「こんな世の中で、弱い者の居

場所はどこにある?」というキ

チジローの言葉が、強いメッセ

ージとして印象に残った。思想

的にも、権力的にも、弱い者。

かれらのための「信仰」とは、

いったいなんだろうか?

 

思うに、弱さはルサンチマン

はない。ニーチェがそう言うよ

うにキリスト教道徳はルサンチ

マン的支配の原理だと哲学界隈

では周知されているが、おそら

く支配と共存とはひとつの実践

の言い換えでしかない。

ルサンチマンの支配、ではなく

、弱さの共存。キリスト教道徳

については、そう言うべきでは

ないか?

弱さはそのままでは共存の力を

もたない。そこで神という絶対

的なものが取り入れられる。弱

い者も強い者もひとしく従うべ

き神を想定することで、強い者

の一人勝ちではなく弱い者にも

まなざしが向けられる共存を実

現できるとすること。

 

『沈黙』では、キリシタンを弾

圧する井上の「石女は正妻とな

ることができない」理論がとて

も真っ当な主張のように見える

。しかし、そこでキリシタン

言われている無知蒙昧の民は、

結局搾取されているだけだ。

宣教師の布教は、一見他国から

の侵略のように見えて、その実

は支配そのものの解放と読むこ

とができる。それゆえに、支配

原理とは相容れない。そういう

ふうにも言える。

仏教思想がキリスト教と対置さ

れて描かれているが、問題は思

想の対立にはない。むしろフェ

レイラ神父が寺で仏教を学ぶこ

とでそうしたように、思想の対

立をこえて共存することにある

 

そう考えると、ほかの誰でも代

用が効くようなリーアム・ニー

ソンやアダム・ドライバー、ア

ンドリュー・ガーフィールド

演技が逆に説得力をもって見え

てくる。弱い者とはまさしくほ

かの誰でも代用が効く者にほか

ならない。

映画冒頭で映し出されるフェレ

イラ神父(リーアム・ニーソン

)の、拷問に怯えきった表情。

それをルサンチマン的な支配の

方法だと見るものはいないだろ

う。いたら恐ろしい。

「こんな世の中で、弱い者の居

場所はどこにある?」という問

いが強く迫ってくるいまだから

こそ、わたしたちはもう一度あ

われみの積極的な面にまなざし

を向けるべきなのではないだろ

うか。

 

 

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

 

 

言葉の解釈について

f:id:rose_ex:20170211141125p:image

 

 

丸いものを四角いものと見間違えることがある。そういう時はきまって距離が遠い。よく見ずにそうだと決めてしまう。それはそういうふうに思いたいということだ。それに近くで見たからといって見間違えることがなくなるわけではない。どんなに近くで見ても丸いものを四角いものと見間違えることがある。それはそういうふうに思いたいということだ。そういうふうに思いたいというのはつまりその方が都合がいいということだ。貴族は搾取を正当化したいし庶民は暴動を正当化したい。だから丸いものを四角いものに見間違えることがある。見間違えることのほうが多くむしろ見間違えることしかないといってもよいだろう。貴族にせよ庶民にせよ人はかならずなんらかの立場に立たされているのだから。見間違えることは避けられない。見間違えないように気をつけるしかない。でもそうしないのはその方が都合がいいからだ。見間違えるままにしておくほうが見間違えないように気をつけるより楽だ。そういうわけで丸いものはやがて四角いものとして広く認められるようになる。「違う。それは本当は丸いものだ」と言う人が出てきてももはや誰も聞く耳を持たなくなる。みんながそう認めてるものをそうじゃないと言うなんてなんてひねくれたやつだ。言葉もまた見間違えることから自由ではない。みんながそう認めてるものから自由ではない。それは解釈される。そういうふうに思いたいように。その方が都合がいいように。

 

 

物質と記憶 (ちくま学芸文庫)

物質と記憶 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

自分では気づかない、ココロの盲点

自分では気づかない、ココロの盲点

 

 

 

21世紀を代表する思想家バズ・オズボーン──「ヘヴィネス(重さ)」と「スローネス(遅さ)」の哲学

f:id:rose_ex:20170131110329j:image

 

 

『有限性の後で』で有名な思弁的実在論の中心人物クァンタン・メイヤスーや、カント思想を軸に思弁的実在論に異議を唱える『神話・狂気・哄笑』のマルクス・ガブリエル、その他(その他は本当に「その他」でまとめてしまってかまわないほどとるにたりない)、無数の思想家たちが有象無象の喧騒(といっても実社会から見たらたんなる言葉遊びに過ぎない)を繰り広げる21世紀の言論状況において、他の追従を許さない圧倒的存在感を誇る一人の思想家がいる。それが、バズ・オズボーンだ。

 

まず、バズ・オズボーンはいわゆる思想書を書かない。哲学者の始祖とも呼べるギリシアソクラテスや東洋思想の白眉たる孔子、また宗教界のスーパースターであるイエス・キリストと同様に、バズ・オズボーンもまた自らの思想を自ら本に書かない。これはきわめて重要である。真に偉大な思想家は、実社会における活動において多くの人々に影響を与える偉大な貢献を実践するもので、本を書くなどという言葉遊びに拘泥している暇は一寸たりともないのだ(そんな暇があったら寝て体力を養うだろう。それにハンバーガーを食べて異様=異形なまでに肥え太るという必要もある)。

 

一部のエリートたちが利権を貪り無数の貧困者たちを泥沼に放り込み続ける資本主義社会のまさにその泥沼から、真に偉大な思想家は現れてくる。シアトルの片隅でボロボロのジーンズに汚れたコンバースを履いて現れた20世紀の救世主カート・コバーンを泥沼から救世主に育て上げたのもバズ・オズボーンである。カート・コバーンが十字架に架けられて天界にフェイズした後も、バズ・オズボーンは地上に君臨し続け、過激なテロリストたるマイク・パットンや突然変異生命体のハイパーミュータントであるメイナード・ジェームス・キーナンなどとも共感し友愛の社会の実現へと狂った猛牛のように邁進し続ける。

 

/

 

バズ・オズボーンは「ヘヴィネス(重さ)」という概念を練り上げたことだけでもすでに21世紀を代表する思想家と言ってよい。バズ・オズボーンは誰よりも先に、現代社会が「ライトネス(軽さ)」によって、かつてないまでに腐敗していく傾向に着目し、それに対置するかたちで「ヘヴィネス(重さ)」を提唱した。気鋭のレストラン「ノーマ」を生んだデンマークの絶望マスターであるキルケゴールは、現代においては誰もがどうでもいいことばかりに言及し本当に重要なこと(つまり絶望)については全く気付くことがないと言ったが、バズ・オズボーンだけはそうではなかった。「ヘヴィネス(重さ)」は絶望の淵にある生を肯定的に再生する概念である。

 

フランスの哲学的トリックスタージル・ドゥルーズが奇天烈精神分析学者のフェリックス・ガタリと一緒に提唱した欲望の哲学が結局は資本主義社会の下劣なエリートたちに悪用されてしまうアキレス腱を内包していたのに対して、バズ・オズボーンの「ヘヴィネス(重さ)」にはそういった隙がまったくない。まず、売れない。興味本位で次から次に消費していく軽薄な資本主義社会の豚がバズ・オズボーンの思想に手を出してみてもたちまちその気持ち悪さに辟易してしまい、それを商品として広く流通させることによって悪用し骨抜きすることができないのだ。なぜならバズ・オズボーンは「重い」からである。「重い」ものは流通という資本主義社会の邪悪な手には負えない。それはヤマトや佐川によって簡単に持ち運べるものではない。それに加えてバズ・オズボーンはいつもなんか変な服を着ているし髪型が爆発しているというのもある。

 

デトロイト・メタル・シティ』に顕著なように、デスメタルブラックメタルは資本主義社会によって悪用されてしまったが、その点についてもバズ・オズボーンは巧妙である。バズ・オズボーンの「ヘヴィネス(重さ)」は、デスメタルブラックメタルなどといったカテゴリー消費の枠組みに収まりが悪く常にその異様=異形な脂肪によってはみ出るように洗練されているのである。メイヘムのアッティラ・チハーやバーズムのヴァルグ・ヴィーケネスにしたところで思想の詰めが甘いのだ。彼らには「ヘヴィネス(重さ)」つまり脂肪が足りない(痩せている)。ほとんどのメタル思想家たちが簡単にしてやられている「ライトネス(軽さ)」の思想家ベビーメタルによる誘惑で骨抜きして資本主義社会にうまく取り込もうとしたところで無駄である。ベビーメタルが三人がかりでバズ・オズボーンを押しても重すぎてびくともしないだろう。

 

/

 

いまや国家よりも人々を征服し搾取することに成功しているGoogleAmazonにたいして誰よりも先に矛先を向けたのもバズ・オズボーンである。バズ・オズボーンは、Googleに激重ノイズを浴びせかけ(『Stag』(1996))、Amazonを単調なリフの反復によって揶揄した(『The Maggot』(1999))。GoogleAmazonは誰一人として自分たちを否定する者などいないとたかをくくっていただけにこれは手痛い打撃であり、経営方針においてつねに意識しなければならない批判となり続けている。

 

/

 

バズ・オズボーンの第一の哲学的概念が「ヘヴィネス(重さ)」であるなら、それを補足する第二の哲学的概念が「スローネス(遅さ)」である。「ヘヴィネス(重さ)」が「ライトネス(軽さ)」に対置されるのにたいして、「スローネス(遅さ)」は「ファストネス(速さ)」に対置される。ファストフード店の接客フローの速さに顕著なように現代社会はとかく物事を「速く」処理し効率よく回転させたがる。いまや「ファストネス(速さ)」こそが崇め奉られる神となっている。ドイツの夢遊病者フリードリッヒ・ニーチェが言ったように「神は死んだ」のであり、そのかわりに「ファストネス(速さ)」がその地位に君臨したのだ。

 

なにごとも次から次へと速く回転させるなかでこぼれ落ちるものやついていけない者たちは容赦なく切り捨てて殺す「ファストネス(速さ)」信仰が蔓延る大地に、バズ・オズボーンは「スローネス(遅さ)」の異様=異形の神々を召喚し蹂躙する。バズ・オズボーンの手にかかれば、たった一音さえもがかぎりなく長く引き延ばされ、一曲の単位にして数十分まで「遅く」引き延ばされてしまう。これは3分程度の枠内にこせこせと展開を詰め込みたがる清水依与吏や野田洋次郎などの「ファストネス(速さ)」信奉者たちには想像もつかないだろう。想像がついても資本主義社会の奴隷である彼らには思想を商品として流通させなければならないという強迫観念があるために、バズ・オズボーンの真似をすることさえできない。バズ・オズボーンは「長くなるからまとめるよ君が好きだ」などといったように資本主義社会の「ファストネス(速さ)」信仰に媚びる隷従的態度を取ることは一切ない。

 

バズ・オズボーンは「ライトネス(軽さ)」と「ファストネス(速さ)」という天使の皮を被った悪魔たちの邪悪な装置に対抗しうる「ヘヴィネス(重さ)」と「スローネス(遅さ)」という概念装置を練り上げる悪魔の皮を被った天使であり、この点において他の思想家たちの追従を許さない21世紀の真に偉大な思想家である。

 

 

Melvins

Melvins

 

 

 

Bullhead

Bullhead

 

 

 

Eggnog

Eggnog

 

 

 

Colossus of Destiny

Colossus of Destiny